国語辞典って引いてますか

最近はあまり耳にすることが無くなりましたが、以前は国語辞典のことをよく「字引き」と呼んでいました。文字通り「一語一語に印(線)を入れながら、丁寧に調べ学習すること」からこの言葉が生まれたそうです。とは言え、自分の中学校時代や高校時代は国語辞典はあまり開かなかったように感じます。

おそらく私は、最も多く国語辞典を開いたのは小学校の頃だと思います。当時は小学生向けの国語辞典を使っている同級生も多い中、少し大人ぶって家にあった一般向けの国語辞典を引いていたことを覚えています。その中からいろいろな語彙を広げていったのですね。しかしこれが中学校になると、辞書を引くのはほとんどが英和辞典に変わってしまいました。高校に入ったらそれに古語辞典が加わり、より国語辞典を開くことはほとんど無くなったのです。

思えば国語辞典を開いていたのは、この小学校時代に続き、社会人になってから「間違った言葉を使わないように」と何度か調べた程度だったと感じます。そう思ったら何だかもったいない気がしますね。日本語は一つの意味を表す言葉が幾つもあり、それを使い分けることによって非常に豊かな表現をすることができる言語ですからね。

さてこのような事を書いているのは、今だに受験生などで「現代文の勉強なんて、問題を解くくらいしかやることが無い」という言葉を耳にすることです。これは非常に危険な考えだったりするのですね。

非常に簡単な例ですが、「”感嘆”の声を上げる」という表現があります(洒落ではありません)。この時この動作をした人は、起きた出来事に対して”良い印象”を強く受けたことが分かります。悪い出来事に対して”感嘆”とは言いませんからね。このように言葉一つで、その言葉を発した人の考えが分かることになるのです。

現代文の小説などは、このような「登場人物の心情」を把握する問題が良く出題されます。だとしたら”感嘆”のように、それだけで心情が推測できる言葉を多く知っていれば、その分だけ問題が解きやすくなるはずなのです。このような「言葉を知る」という勉強は、現代文の対策として非常に有効なものなのです。

同じように現代文を読み取るテクニックはたくさんあります。このようなものを一つ一つ身につけていくことが重要であり、それが国語の対策となるのです。またひいては、普段使っている”日本語”をより深く身につけていくことにつながってくるのです。

現代文は「どうせ普段使っている言葉だから・・・」と軽視されがちです。しかし特別な対策もせずに”感覚だけ”で解いていると、うまく読み取れれば高得点が取れるものの、そうでない時には点数がガタ落ちします。一発勝負となってしまう入試本番で、もしも”うまく読み取れない”文章が出てしまったら・・・そう考えると、やはりきちんとした事前の対策が必要であることが分かるのです。

現代文の試験は「読めば分かる」ものに限られているわけではありません。しかしその本文中に、”客観的に考えても答えが確定できるように”きちんと解答の根拠が書かれています。そこでしっかりと「読まないと分からない」のです。この違いが小さいように見えて、非常に大きなものなのですね。

前職の時に、「この先生の授業は素晴らしいなあ」と感心する先生がいました。その先生の授業を見させてもらったら、きちんとこの「答えを導くプロセス」が指導されていたのです。国語を教えている人の中でも、こういう部分をしっかりと教えられる人は、意外と少ないものなんですよ。

難関校を受験する人にとっては、少しでも減点を抑えて高得点を目指したいところ。だとしたら「感覚に頼り得点が安定しない」勉強よりも「事前の対策を丁寧に行い得点が安定する」勉強が望ましいはずですね。そこでできる限り辞書を引き、たくさんの語彙を広げてみて下さいね。そうしたら受験勉強だけでなく、日常の言葉もより充実するはずですから。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)