第2回高卒認定試験の出願に際し

今週の木曜日である9月4日より、平成26年度第2回高卒認定試験の出願が始まっています。中には高卒認定試験を受験し、その合格を持ってセンター試験などの大学受験に向かう人も多いかと思います。実はこの場合、非常にタイトなスケジュールで動かないといけなくなるのですが、それを教えてくれる人はそれほど多くありません。そこでこちらで、出願から受験までの注意点のうち、大きなものを書いておこうと思います。

最も問題が発生しやすいのが「センター試験の出願時」だと思われます。ご存知のようにセンター試験は大学受験の一環として行われるもの。その受験資格は”高等学校を卒業している(またはそれと同等の学力を有していると認定されている)もの”または”高等学校を来年3月に卒業見込みである(認定の取得見込みも含む)もの”に限られています。そこで第2回の高卒認定試験を受ける人にとって、受験資格を有している証明というものが存在しないのです。

そのためにあるのが、第2回高卒認定試験の受験案内にある「大学入学者選抜 大学入試センター試験出願資格申告書」という書類なのです。これは大学入試センター試験の出願をするときに「私は11月の高卒認定試験を受験するので、合格したらきちんと受験資格を有することになります」ということを申告するものなのです。これがセンター試験を受けるための受験資格証明として扱われるのですね。

この書類には、確実に11月の高卒認定試験を出願していることを証明するために、高卒認定試験の受験票の写しを貼付する必要があります。・・・ここが重要です!

高卒認定試験の出願は、9月4日(木)~9月19日(金)※消印有効

センター試験の出願は、9月29日(月)~10月9日(木)※消印有効

分かりますか?高卒認定試験の出願締め切りから僅か10日で、センター試験の出願が始まってしまうのです。そうすると出願がギリギリまで伸びてしまった場合、センター試験の出願時に”高卒認定試験の受験票が届かない”という状況が生まれる可能性があるのです。そうしたら受験資格を証明出来ないので、センター試験の出願が出来なくなってしまうのです。

これは可能性だけを論っているわけではありません。実際に私が前職で経験したことがあるケースなのです。その時は何とか対処することが出来ましたが、今でも同じ方法で対処出来るかどうか分かりません。またその方法を行うにしても、一般の方ではなかなか高いハードルと思われる対応をしなければならないのです。これはさすがにおすすめ出来ません。

ならば最もいいのは、高卒認定試験に”余裕を持って”出願することです。そうしたら問題は起きにくいですし、さらに別の問題が発生したとしても対処することが可能になりますからね。

こうやっていろいろな作業を”前倒し”して考えていくと、この第2回の高卒認定試験の出願は非常にタイトなスケジュールであることが分かります。受験を検討している方はぜひ、この点を確認しておいてください。後になって「どうしよう?」となっても、どうすることも出来ませんからね。

最後に、以前のブログ記事でもこの内容は何度か触れています。もし良かったら、過去の記事からも参考にして頂けると嬉しく思います。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)