問題に触れたくさん解く

難しい問題でも解けるようになるためには、たくさん問題を解くことが必要になります。いきなり難しい問題には手が出せなくても、問題を数多く解いていけば手を出すきっかけは分かるようになりますからね。だから今の時期はひたすら問題を解き続ける事が大切なのです。

これは勉強以外でも同じこと。理屈が分かればまず練習です。練習をしてマズイ所を修正して、改良を重ねていくことで上達するのです。この練習を惜しんでいては何も出来るようになりません。

「他の受験生に入試の点数で負けない」というものは達成が難しいものです。しかし「他の受験生に問題を解いた数では負けない」というものは、努力次第では可能かもしれませんからね。このような努力を惜しまない人に、結果はついてくるものです。

ちなみに、ある程度成績が良い生徒の方が”問題演習をやりたがらない”傾向があるように感じます。敢えて問題演習で”間違える”よりも、解説を聞いたり参考書を開いたりした方が、力になるような気がしているのですね。また”間違える”ということ自体に、恥ずかしいという気持ちもあるでしょう。

受験勉強で間違えることは何の問題もありません。入試本番で間違えなかったらいいのですからね。何事にもプライドは大切ですが、このような意味のないプライドは自分にとってマイナスにしかなりません。ぜひ肝に銘じておいて欲しいものです。

今のうちにいっぱい問題にあたり、たくさん間違えておきましょう。そうすることが本番で正解をすることに、絶対役立ちますからね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)