受験物理の理解

うちの塾に来ている生徒たちの中で、少しずつ”物理の教科書が全て終わった”という子が増えてきました。聞く所によると、その生徒たちの高校では電気分野の途中からずっと”教科書を読むだけ”の授業でずっと進んできたとのこと。真偽は定かではありませんが、少なくとも生徒たちがゲンナリしている様子は分かるので、そのような受け止めになる授業だったのでしょう。

多少過激な言い方かもしれませんが、私は高校の物理の教科書で物理が分かると思いません。ただ決して無駄と言うわけではなく、理解の手順が分かりにくくなっていると思うのです。きちんと教科書の内容を理解すれば、物理の内容が分かるようになりますし、また受験物理の問題を解くことも出来ます。そこで指導をする側が、その理解の手順や方法を整理し、スムーズに分かるように促していかないといけないのですね。

ところが世の多くは、後者の意味で物理を理解している人(つまり”受験物理を解いてきただけ”の人)が指導をしているように見えます。そこで物理的な根本をすっ飛ばして、出てくる関係式を”問題を解くための道具”としてしか見ない人が多いように感じるのですね。

一例として次のような事を考えましょう。受験物理の勉強をしていると、「その解法に微分積分を使うのかどうか」ということがよく議論されます。さてここで”なぜ微分積分が出てくる”のでしょう?(簡単にするため力学に限定します)

「微分積分を使えば、計算が簡単にまとまるから」・・・これは全く理由になっていません。しかしこのように考えている人がどれだけ多いことか。

「速度は変位の微分、加速度は速度の微分だから、微積で記述してこそ意味がある」・・・これでも完全では無いと私は思います。けれどもこのような理解をしているだけでも、高校の教科書の教え方はずいぶんと変わってくると思いますね。

私が考える最も大きな理由は「運動は”運動方程式”で記述され、それ自体が微分方程式だから」だと思っています。そして後者の微分方程式を解くことが難しいので、高校物理では周りくどいお話をしているのですね。このような事は、ある程度物理を勉強したり数学を勉強したりすれば、自然と理解出来るようになると思います。私も数学からのアプローチですから、必ずしも物理を勉強指定なければならない、と言うことは無いはずです。

では具体的にこのような違いで、教え方にどのような差が生まれるのか・・・これはまた次回に書いていくことにしましょう。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)