ブロ予備のみという選択

うちの塾は基本的に、塾長との対面授業がメインになります。そこで専門である理系が中心となりますが、昨年度から導入した”ブロードバンド予備校”という映像教材によって、文系科目のフォローも出来るようになりました。

今年度の受験生によってその実際の効果が明確になると思いますが、現時点でかなりの”手応え”を感じています。後日ちゃんとしたデータを紹介したいと思いますが、はっきりとブロードバンド予備校で成績が伸びていますからね。

ならば文系科目補強のためであれば、対面授業無しで「ブロードバンド予備校のみを受講する」という選択肢も出てくるのです。うちの塾ではそういう形での受講も、もちろんOKにしています。(月謝は対面授業とは異なる計算になります)

考えてみてください。この塾がある地域で「実績のある予備校の先生の講座を、特に苦手な科目だけ受けられる」という環境は、他にはありません。それにこのブロードバンド予備校は、単なる”講座の映像視聴”では無く、『3段階学習システム』という手厚い指導を行っています。

詳しくはリンク先を参照していただきたいのですが、大雑把に言うと「解説を聞くだけ」という映像教材では無く「解説を聞き、問題演習を行い、その内容をチェックする」までを1セットにしているのです。この形式で一つ一つの単元を丁寧に授業していくのですから、むしろ一般的な予備校の授業よりも効果がある指導かもしれません。

なお、学習面以外の進路指導は、他の生徒と変わらず塾長が行います。受験情報の提供や学習のアドバイス、必要があれば演習問題の追加など、進路を決定する、また学力を上げるために必要な事はやっていきますからね。このような部分は絶対に、映像教材では出来ないことですから。

ということで「文系科目の指導はやってもらえるんだろうか?」と思っている方でも、気軽にご相談ください。

※なお相変わらず、強引な勧誘はしたくないという私自身の考えは変わっていませんので、「入塾したいと思わないのに勧誘される」とか「ブロードバンド予備校のみでやりたいのに、通常授業も無理強いされる」とか、そのような事は一切行いません。一応、念の為に。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)