小さな発見

昨日の夕方、私が塾で授業の準備をしていると、保育園から下の娘が帰ってきました。この時はたまたま小学校帰りだった上の娘と一緒になったらしく、家内と娘二人が揃って帰宅となったのです。

その声が聞こえてきたので、私も外に出て娘たちを出迎えました。それから上の娘と、学校であった出来事などを話をしていたら、少し離れたところから下の娘が大きな声でみんなを呼び始めたのです。何事かと思って近づいてみると・・・

庭にあった透明の容器に入った水で、地面に虹が出来ていたのです!

とても小さな事ではありますが、下の娘はとても気に入った様子。すぐにその上に立ち「お靴が虹の色になった!」と大はしゃぎしていました。

そんな様子を見ながら、私は、最近理科に興味を持っている上の娘にちょっとだけ虹のことを教えてあげたのです。

「お日さまの光って、この虹の色が全部重なっているんだよ。それが水を通るときに、色によって進む向きが変わってくる。だからこんな風に、一つひとつの色が分かれるんだよ。○○(娘の名前)がもっと大きくなって、もっと難しいことが分かるようになったら、この続きを教えてあげるね」

・・・後から聞いたところによると、娘はこのことを、家内に”教えてあげた”らしいのです(笑)きっととても興味深い話だったんでしょうね。

こういう小さな発見を、大切にしてあげたいと感じます。これは娘たちだけでなく、生徒たちも同様ですね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)