連立方程式の出題を見て

先日行われた、福岡県の入試問題を見ていて思ったことを。

数学の大問題の2問目である連立方程式の問題が、随分と意欲的な出題になっていました。大雑把に書くと、今までは連立方程式の文章題が与えられ、それを自由に解くだけだったのが、今回は”二通りの解法”が提示されており、その内容を両方とも考えないといけないようになっているのです。

正直”面食らってしまった”受験生は多かったことでしょう。・・・が、私は個人的に”あり”な出題かと考えています。

恐らく数学を教えている人の中でも、このように解法を指示されることを良しとしない方は多いと思います。しかし一方では、自由に解いても良いはずなのに「解法パターンの習得」に染まってしまい、最終的に画一的な解き方しか出来なくなってしまう、ということもあるのです。ならば一つの問題に対して、複数のアプローチをすることが出来る方が、何倍も数学的な学力を有していると言えるでしょう。

大学入試が「論理的思考力や表現力を重視する」というものにしていくのであれば、自然と高校入試も変わってくるはずです。そしてその変化は、同じ目標に従うはずなのです。つまり高校入試も「思考力や表現力を重視するもの」になっていくはずなのですね。

ならば、問題をただただこなしていってパターンを覚えていく、なんて勉強は止めたほうがいいはずです。それは思考力ではなく、パターンを判別しているに過ぎないのですからね。そしてそれは、私が考える学力とは異なるものなのです。

ぜひ、目の前の小さな問題に左右されるのではなく、確かな学力を身につけていきましょう。

ちなみに、このような出題は全国的に見ると、決して珍しいものではありません。そこで今後も、福岡県の入試問題がどんどんと変化していく可能性がありますよね。指導をする一人としては心配な面もありますが、私たちもより良い形で吸収し生徒たちに還元してあげたいものです。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)