解答の記述

試験において、自分の解答は「採点者に見てもらうため」に書くものです。その前提があってきちんと採点してもらうことが可能となり、結局は自分のプラスになるわけです。

しかし記述式の答案については、大半の生徒が「何を書いたらいいのか分からない」と嘆いています。これは採点者の立場ともなる私としては、非常に残念に感じてしまいます。こちらからすると「答えは分かっているのに表現が出来ない」のか「そもそも答えすら分かっていない」のかが、伝わってきませんからね。

そこでまずは、学校の先生や参考書の解答例(模範解答)を真似して書いてみるのです。そしてその上で「自分が考えていることを形にする練習」をして欲しいと考えるのですね。

そうやって「自分はここまで考えることが出来た」とか「何が答えなのかは分かっている」などの”アピール”をして欲しいのです。こういうことで得られる点数(いわゆる部分点です)は決して馬鹿に出来ませんからね。

ちなみに数学の解答で言うと、その記述は文章に限ったものではありません。図を描いたり、グラフを描いてみたりすると、案外スムーズに解答を記述できることがあるのです。だからそういうものを「問題を考える道具」としてしか見ないのではなく、「解答を表現する道具」として意識をしてみるのもいいでしょうね。

ぜひこういう意識を持って、普段の勉強の解答を書いていって下さいね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)