数学が出来るようになりたいと考えている「だけ」の受験生へ

高校の数学が出来るようになりたければ、教科書に出てくる関係式(公式など)を導出する(証明する)手順を書きだし、それを理解してください。そしてそれを納得したら、その関係式を元に練習問題を解いていけばいいのです。

基本、これだけです。

もしかしたら、すぐには解けないかもしれません。もしかしたら、少し問題を解いても納得出来ないかもしれません。ならば、出来るようになるまで繰り返せばいいのです。分からないのに止めてしまうから、分かるところまで行き着かないのです。

基本、これだけなのです。

それなのに、これらのことをやらずに「数学が苦手で・・・」という生徒があまりにも多い。関係式の証明などを強調しても「それが何の役に立つんですか?」みたいな顔をして、ぼんやりと聞いていたりするのです。

出来るようになる勉強法をやらないから、出来るようにならないのです。そういう勉強法をまずやってみてから、役に立つかどうか考えてみて下さい。

なぜ意味も分からない公式を暗記しようと考えるのか。
なぜ理論的に理解をしようとしないのか。
なぜ勝手に”難しいもの”と決めつけてしまうのか。

出来ないのは、出来ない理由があります。それは決して才能とかの類ではありません。
だから勝手に諦めないでください。やるべきことをしっかりやってください。

みなさんがちゃんと勉強し、ちゃんと数学が出来るようになることを願っています。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)