私なりの英語の考え

最近英語の質問を数多く受けているので、英語についての考えを少し。

賛否ある考え方だとは思いますが、私は英語の五文型の考え方は「絶対に必要不可欠だ」と考えています。

もちろん「五文型の知識なんて必要ない」「文法主体の勉強をやっているから、いつまでも日本人は英語が出来るようにならないのだ」などの主張される方々がいることは承知しています。さらに実際に、それが真実であるという側面もあるでしょう。

しかしだからと言って、英語のルールを知るために効果的な道具になり得るものを放棄するのは、非常にもったいない。さらに私のような仕事をしていると、「どうすれば多くの生徒に理解してもらえるのか」という視点で考える必要があるわけです。それに対して、五文型の知識は有用なものとなるものだと言えるのですね。

さてここで、ちょっとしたご紹介。

5文型をなぜやるか?(1)
5文型をなぜやるか?(2)
5文型をなぜやるか?(3)
5文型をなぜやるか?(4)
5文型をなぜやるか?(5)
5文型をなぜやるか?(6)

こちらは実際に英語を専門的に教えていらっしゃる方のブログです。これらを読むと、単に「第一文型は”SV”で・・・」なんて覚えていくのは意味がないということが伝わることでしょう。五文型の知識は、それを「運用すべきもの」なのです。

生徒に英語を教えていると、この視点が決定的に欠けているのです。五文型は何となく覚えているだけ・・・この状態で、単語の意味だけ繋いでいって意味を考えてようとしているのですね。だから、五文型の知識を運用する、という発想はほとんど無いのです。

このような状態なら、確かに五文型の知識は意味はありません。

だから私は、五文型の運用を教えています。ここをスタート地点にして、そこから文法問題や長文読解に進めているのです。
またこの周辺の中学校では、五文型をあまり扱っていないようなので、中学生の生徒には五文型をアレンジした”簡略版”で教えています。・・・この簡略版は、中学英語をスムーズに読めるようになるだけでなく、自然に五文型に繋がるようになっているので、かなり効果がある中身になっているんですよ。

私が見ていると、多くの生徒たちは五文型の知識を使いこなせていません。しかしそれは、五文型に意味がないことを示しているのではないのです。まずは一度、ちゃんと五文型を使ってみるべきではないでしょうか。

私は、この考えがきっと生徒のためになると信じて、これからも英語を教えていきます。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)