高1生の皆さんへ

高1生の皆さん、今は数学の授業で「単項式・多項式の整理、式の展開・因数分解」などをやっていませんか。悪いことは言いませんから、この分野は「かなり時間をかけて、たくさん練習をする」ようにして下さい。

この分野は今だけ理解していればいいというモノではなく、今後の数学全般で使われるものなのです。今までも多くの生徒が、式の計算がうまくできないがために、多くの苦手分野を作ってしまい、最終的に「数学は自分にはできない」と感じるようになってしまっています。だから今、しっかりとやっておくべきなのですね。

ところがこの分野は、多くの高校(特に進学校と呼ばれる学校)で「中学校で勉強した内容と同じようなものだから」とか「計算練習をするだけの分野だから」とか、そういう理由で簡単にしか扱われないことが多いのです。だからこの後の2次関数や整数などの範囲に入ってから「計算力が不足している」なんてことになってしまうのです。

いいですか。このように「後で数学が出来なくなってしまう理由」があるのです。ならば今のうちに、そういう状況を回避しておきたいですよね。
だから悪いことは言いません。多項式の整理や展開・因数分解、またその応用的な扱いについてしっかりと勉強しておきましょう。

数学を教えている私から見ると、三角関数や指数・対数関数、また微分・積分やベクトルなど、多くの分野で苦しんでいる生徒は大抵、式変形が弱いものです。その一番の基本になる部分がこの分野なのですね。

もしそうなってしまったら・・・1年生の一番最初から復習することになるわけです。これは大変なことだと言えますよね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)