今年度の高1生

新年度が始まって一月半ほど経ちますが、今年度は、定期的に自習をするために塾に来ている高1生が多いと感じます。これは非常に良いことだと言えますね。

高校に入ることで、これまでの生活リズムが大きく変わります。その新しいリズムの中に、定期的に勉強をする時間を入れ込んでおけば、試験前にバタバタしたり後になってから挽回しようとしたり、なんてことをやらなくて済むのです。

例えば、週3回1時間ずつ自習をしていったとしましょう。そうしたら単純計算で、一週間に3時間の自習をすることになります。一ヶ月でこれが12時間になり、一年間で144時間ともなるのです。どうでしょう、これだけ勉強時間に差が出来れば、結果が大きく変わることはすぐに理解出来るでしょうね。

そして大事なのが、この量の勉強を「後になってからやろう」と思っても出来ないことです。よくセンター直前になってから「もう少し時間があれば・・・」なんて悔やんでいる声を聞きます。そうなってしまったら、これだけの勉強時間は物理的に取ることが出来ないのです・・・過ぎてしまった時間は戻りませんからね・・・だから時間が取れるときに、先取りしておくわけです。

さらに自習をしているときに私の手が空いていれば、すぐに質問を受け付けます。ならば単純な勉強時間に加え”分からないところを説明してもらえるかもしれない”のです。

しかしここまでサービスをしていますが、私はやらない生徒には強要はしません。そうしたところで、勉強は全く身にならないでしょうからね。あくまで「出来るようになりたい、分かるようになりたい」という思いと、それを行動に移せる人に結果を出させたいと思っています。

なお高1生に対しては、今は随分と”地味な”勉強をさせています。こういうものこそ後回しになりがちですし、それでいて後の勉強に必要不可欠になるものだからです。こういうことは自分だけでは分かりにくいでしょうから、塾の自習で実感して欲しいものですね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)