ノートの使い方

学校にしても塾にしても、授業のノートはなぜ取るのか。・・・これは「覚えるため」や「思い出すため」だと私は考えています。

授業で説明を受けたこと、一度自分で解いた問題、その他勉強の跡を残しておきそれを繰り返し見ることで、内容を少しずつ自分のものにしていくわけです。だから取るだけとってそのまま開かなければその効果はほとんど無くなってしまいますし、逆にその効果のためであれば、少しくらい先生の板書と異なる表現をしていても問題は無いのです。

※個人的には”罫線”や”色分け”などの華美なノート作成は、あまり必要無いとも思っています。逆にそういうノートを否定するつもりもありません。

また一度受けた授業というものは、基本的にもう二度と受けることが出来ません。どれほどいい授業であったとしても、その内容をどんどん次の授業で”上書き更新”していけば、それまで授業を受けていたはずなのに「基礎が全く分からなくなってしまった」なんてことになるでしょう。そうならないように、授業の内容をノートで思い出すべきでしょうね。

いずれにしても、「先生が黒板に書いたからそれを写しておく」ということが目的ではありません。・・・これは多くの人に納得してもらえることだと考えているのですが、実際にはこのように感じている生徒は少なくないでしょう。

ということで、まずはノートを見直すようにして下さい。そしてその目的のためにはどのようなノートにしていくべきなのかを、自分自身で考えてみて下さい。こういうことだけでも、勉強の成果は変わってくるものですよ。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)