英語も積み重ね

情報ソースが見つからなくなってしまいましたが、先日とあるネットニュースで「いつ英語が分からなくなったのか」というアンケートが紹介されていました。

数ある英文法の項目の中で、最も多くの票が集まっていたのが「関係代名詞」でしたね。その後「比較」「現在完了形」と続いていたのです。

確かに関係代名詞は、中3英語の山場の1つかと思います。整理をしてしまえば何ということは無い内容なのですが、なかなか生徒たちにその感覚を身につけさせるのが難しいですからね。

しかし逆に言うと、それまでの内容をきちんと納得していれば、関係代名詞の役割や用法はすんなりと頭に入ってきます。ということは「実は関係代名詞以前の理解があやふやだった」という可能性が出てくるのですね。

だからやるべきは「関係代名詞をいかに簡単に説明するのか」では無く、「関係代名詞が簡単だと思えるほど、それまでをしっかり定着させる」ということになるでしょう。中学生であっても五文型やある程度の品詞の理解が出来ていれば、関係代名詞も”恐るるに足らず”ですからね。

そういう視点から見ると、意外とbe動詞であっても「ちゃんと理解している」と言えるんでしょうかね?「主語がIだったらam、youだったらare、それ以外だったらis、複数形はareになる」くらいで、納得した気になっている生徒もいるような気がします。

「数学は積み重ねの学問」とよく言われます。基礎を身につけることで、一つ一つ応用に進んでいけるようになるのですからね。けれどもそれは英語も同様のはずです。中1からの基礎がきちんと積み重なっているからこそ、中3の中身が腑に落ちるのですからね。

受験の世界では、英語は絶対に”逃げられない”科目です。そこで一人ひとりがこういう「積み重ね」の意識を持ちましょうね。

※ちなみにbe動詞をきちんと調べていくと、どんどん沼に嵌っていきます(笑)・・・かなり深いですよ。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)