自分で問題に取り組む

昨年は計算自体がおぼつかなかった現中2生。今日の授業では1次関数において、

『グラフから傾きを読み取ってごらん』
『同じく切片を読み取ってごらん』
『それから1次関数の式を作ってごらん』

という3つの指示だけで、新しい単元の問題を解けるまでになりました。もちろん扱っている内容はものすごく基本的なものではあるのですが、一つ一つのプロセスを具体化して説明するのではなく、ポイントを示すだけで自分で問題に取り組むことが出来るようになったのです。

このレベルの問題を解くことが出来る中学生は多いと思いますが、その解答のプロセスを自分の考えでまとめることが出来る子はかなり減るはずです。数学が全く出来なかったのに、そのレベルにまで到達をしたその子の姿を見て、私が何だか感動してしまいましたね。

なおこの後も、傾きと通る点が与えられた直線の方程式を求める問題も、ほぼ同様の指示だけで問題を解いていました。このペースで行けば、次回には入試問題をベースにした勉強に入ることが出来ます。

この生徒には「入試問題は難しいけど、それ以上に面白いよ」と言ってあります。越えなければいけない壁が大きければ大きいほど、その達成感は増大します。基本的な計算しか出来なかったこの生徒が、そういう達成感を感じる・・・本当にすごいことですよね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)