正しい漢字を書こう

個人的に採点基準のレベルだとは思っていませんが、生徒たちにはどの科目においても、解答を「漢字で書ける」ということにこだわって欲しいと感じます。

採点基準のレベルではない・・・これが意外と曲者で、漢字の書き取り以外の問題については「誤字であれば減点される。しかしひらがなで書いているものは不問である」という採点をする先生が多く、生徒たちも「迷った時には無理に漢字を書かない」というのが広がっています。この傾向は、ここ数年ではっきりと感じますね。

確かにテストという状況では、ある程度そういう判断も必要になるでしょう。しかしテストが勉強の目的になった瞬間に、この考えの質が一変します。すなわち、漢字で無理に勝負するくらいなら、どれもひらがなで書いてしまえばいい。それが勉強では当然のことなのだ、と。

こうなってしまったら、全体的な国語力が低下するのは明らかです。そうならないように、正しい言葉を使うこと、正しく漢字を使うことに、一人ひとりが矜持を持ち続けて欲しい。・・・いい年をした大人が、ひらがなだらけの文章しか書けないのは、みっともないことですからね。

今日もある生徒が、理科の解答の大半をひらがなで書いていました。そこで『同じことを(私のような)大人が書いていたらかっこ悪いように思わない?けれどもそういう漢字一つ一つは、いちいちこれから教わることなんて無いんだ。だからそのままだったら、そういう大人に自分がなってしまうんだよ』と諭したのです。

テストでは影響が出ないけれども、大人として恥ずかしくない教養を身につける。・・・こういう意識を持たせ実践させるのも、大切な教育ですよね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)