推薦入試を受ける生徒が増えてきたので

ここ数年で、中堅進学校が生徒に推薦入試を受けさせる数が、目に見えて増えています。それを実感しているので、いつもこのような話題になってしまうのですが・・・本当に”何だかなあ”って感じです。

もしかしたら、高校の先生はあまりそういう認識をしていないかもしれません。曰く「生徒が受けたいと言っているから推薦入試の枠を使っているのだ」と。けれども、どうも生徒たちの言葉を聞いていると高校の先生から「推薦枠がいくつ残っているから・・・」みたいな話がよく出てくるようです。だったらそういうものに流れてしまう生徒が増えるのも当然のことでしょう。

しかしここまで数が増えてくると、だんだんと「推薦入試がダメだったらどうするのか」という心配が出てきます。

推薦入試の数が少なければ、合格の可能性は高いままでしょう。だからその入試の対策のみをやっていればいいのです。ところが推薦入試の数が増え、合格の可能性が下がってしまったら、その後に一般入試にちゃんと対応出来るのでしょうかね。

推薦入試対策は、大体9~10月くらいに始めるところが多いのではないでしょうか。ところがこの時期は、現役生が成績を伸ばす一番の核になるタイミングなのです。なのに志望理由書などの書類の作成、また一般試験で使わない小論文の対策や面接指導などに多くの時間を割いてしまう。これでは受験勉強に対する悪影響が甚大なものになってしまいます。

実際、今年の受験生の中からも「推薦入試がダメだったら、一般入試は間に合わないので諦めます」という生徒が出てきました。それがこの生徒の本心なのかどうかは分かりませんが、少なくともこの影響の大きさを受け止めるべきだと思います。

果たして、一般入試以上に”一発勝負”のようになってしまう推薦入試に、それだけのメリットや価値があるものなのでしょうか。

結局、批判されがちなペーパーテストの方が、公平でありかつ”後からフォローが出来る”ものなのかもしれません。センター試験でしっかりと点数を取れば、国公立だけでなく私大に対しても合格の可能性が高まります。惜しくも前期でいい結果が出なくても、後期に夢を繋ぐことも出来ます。

それでもダメだったら浪人という道もあるでしょう。ただその時に、成績を伸ばす核になるタイミングを逃していると・・・どうにもなりませんよね。

だから私は一般入試を勧めます。それに向けて真面目に愚直に勉強することを勧めます。そちらの方がきっと、自分自身のためになることになるはずですからね。

・・・ちなみに。これだけ推薦入試が増えているのですから、「受ければどうにかなる」という状況はすでにありません。このことが浸透してくれたら、また一般入試に指導が傾いてくれるかなあ、と淡い期待を持っています。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)