勉強のやり方も変化する

先日とある生徒のプリントを見たら、ほとんど全体が真っ黄色になっていました。つまりラインマーカーで”ほとんど全部”を塗っていたのです。本人はそれで勉強しているつもりでしょうが、『で、結局何が大事なところなの?』と聞いたらきっと答えられないと思います。

逆に、別の生徒はテキストの太字のみに色を付けていました。『それってもともと太字で書いているから、マークしても意味ないんじゃない?』と聞いてみると、「あ、はあ・・・」としか答えられない。やはりマーカーで色を付けることで勉強していると感じたのでしょう。

体裁が単調であった昔に比べて、今はカラフルな紙面の参考書も増えてきました。そういった中で「ラインマーカーで線を引く」という勉強をするなら、それにどのような目的があるのかを意識するべきです。ただ単に「大事だと思ったところに線を引く」というだけでは、上のような状態になりかねないのですね。

これはあくまで一例。今までは定番化している勉強方法でも、時代が変わり教材や道具が変化すると、その使い方や目的が変わってくるかもしれません。昨日のブログでも書きましたが、そういう変化をきちんと捉えていないと効果的な指導は提供出来ないと感じます。

いまだに何も考えずに「大事なところには線を引いて・・・」みたいなこと、やっていませんか?

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)