問題を解く時には、そこに書かれている内容をイメージするようにしましょう!

問題を解く時には、そこに書かれている内容をイメージするようにしましょう!・・・こんなこと当たり前のような気もしますが、”書かなければいけない”と感じるのが現実なのです。

私はたびたび、数学や理科で「公式の丸暗記はダメだ」と書いています。その理由の最たるものが「考えなくなってしまう」ということです。機械的に公式の運用のみを教え込まれ、それ自体が意味するものや出てきた結果が意味することを考えること無く、答えが出せたかどうかという部分だけに意識が傾いてしまう。これでは勉強の意味が半減すると考えるのですね。

数学であれば、数学のことを考えて欲しい。理科であれば、理科のことを考えて欲しい。
私自身は、こういう考えはごく当たり前のことだと思っています。

実はこの傾向、他の科目にも見られます。特に危惧するのが国語についてなのです。

ほとんどの方々はご存知でしょうが、国語の問題の大半は「本文を読み、それについて設定された問題を解く」のです。それなのに本文を読もうとしない子が、だんだんと増えてきているように感じられます。

確かに私も塾で教えているので、国語の問題の”解法”を説明することがあります。ところがその前提にあるのは「きちんと本文を読み、そこから何が分かるかを考える」というものです。だから、本文をないがしろにして機械的な解法を教え込むわけでは無いのです。

本文の中にある論理構造を読み解くには、ある程度「これを参考にすれば分かりやすい」というものがあります。それを理解し運用していくのが国語の入試対策であり、これで培った力は真の国語力に通じるものなのです。

そこで、国語であっても、国語のことを考えて欲しいのです。

ここ数日、また”中学生・高校生の読解力”が話題になっています。ところが「今の中学生や高校生は、教科書レベルの記述も理解できない」みたいな取り上げ方をされるばかりで、実際に「なぜ日本語が読み取れないのか」ということまで言及されていることはほとんどありません。

私は、小さい頃からどの科目においてもパターンマッチングのような勉強を押し付けられることで、文章の内容をイメージする力が弱まっていることが、原因の一つであると考えています。だからこれほど何度も、そういう勉強に繋がる「公式の丸暗記」を否定するのです。

だから「証明から何から、全て理解しないと公式は使ってはいけない」みたいな、極端な主張をしたいのではありません。まずはその科目の”考えるべきこと”を考えていきましょう、という考えなのですね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)