今と昔とこれから

最近どうも、上の二人の娘たちがyoutubeの動画ばかりを観るのが目についてしまいます。私が子供の頃は「テレビばっかり見て!」とか「ゲームばっかりして!」とか言われると腹立たしく思ったものですが、いざ親の立場になってみるとやはり気になってしまうものなんですね(笑)

少し前の報道で見ましたが、最近の子どもたちが憧れる職業の一つに”ユーチューバー”があるそうで・・・。個人的には、特定の企業がやっているサービスで生計を立てるのは、かなりリスクの大きなことだと感じます。だから積極的にその方向性を認めたいとは思いませんが、今の時代を象徴するものであることは認識しておくべきでしょう。

さてここからは、上の娘の学校の先生とお話をしたことも交えて。

確かに、子供たちの話題に耳を傾けると「ネットの動画配信サービス」が多く出てくるそうです。そういうものに触れる機会がある子供たちは、誰のどういう動画を見た、というような話で盛り上がっているらしいのです。これは何だか、私たちの時代での、昨日どんなテレビを見た、というものに通じるような気がしますね。

けれども、そういうものに触れる機会が無い子供はなかなか話題に入れない。そこでスポーツや最近やった遊びなどの話題になっていくとのことなのです。私たちが子供の頃も、そういう話題の違いというものは存在しました。しかし今は、ネットという媒体が存在するため、物理的に視聴することが出来ない(≒そういう機材を持っていない・使わせてもらえない)という背景もあるようです。

世間では最近、ネットやゲームに依存することが問題視されています。そこで娘の学校でも時々、「ノーテレビ・ノーゲーム・ノースマホデー」のようなキャンペーンをやっているのです。まあ、前述のような状況であれば、そういう活動の必要性も出てくるかもしれませんね。

テレビやゲームで育った私なので、こういう活動に疑問を感じることもありますが、もしも顕現する問題があるのならその対策もやらなければならないでしょう。

・・・

実は、ここからが本題とも言えることなのですが。

・・・

どうでしょう。ここまで「確かにその通りだ」と感じましたか?それとも「馬鹿馬鹿しい!」と感じましたか?

少し前であれば、「子供のうちから”そういうもの”(ネットに接続する端末)を与えるほうが悪い」と言えたかもしれません。ところが現在、教育改革の方向性として”ICT教育”というものが取り上げられています。

つまり”そういうもの”を積極的に与え、それを通じて教育を行おうと言うのです。それなのに「ノーテレビ・・・」なのです。どうでしょう、矛盾していますよね。

私はテレビやゲーム、スマホやタブレットなどを悪者にしたいのではありません。使い方次第でいいものにも悪いものにもなってしまう、というごく当たり前の考えしか持ち合わせていません。けれども確実に、学校の先生方はその矛盾に苦労しています。またもう少しで、多くの子供たちがこの矛盾にぶつかることになります。その時親は、そして大人は、どのように接していけばいいのでしょう。

自らが大人になり、自分なりの善悪の基準が出来てしまうと、そのものさしで物事を判断してしまいます。私ですら冒頭に書いたように、娘たちの動画視聴を気にしていますからね。けれどもそれが、どれくらい時代に合っているものなのか、そしてどれくらい現実と合っているものなのか・・・これは意識しておかないといけないでしょう。

だからぜひ、今の子供たちのことをしっかりと見て、次の時代を考えていきましょう。大人がしっかりと行動し、それを子供たちに引き継いでいきましょう。どのような形であれ、そこに”あるべき教育”が存在すると思います。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)