娘の勉強

小学四年生の上の娘が、学校で勉強している内容をとても楽しんでいるようで、つい微笑ましく見てしまいます。特に授業で聞いた内容が、実際の日常生活にも活かされていることに興味があるようで、何かを知るたびに「へえ!すごいね、面白いね!」と喜んでいます。

そういう部分に興味を持っているので、私もつい、いろいろな話題を娘に提供します。簡単な実験などを見せ『どうしてこうなると思う?』・・・なんてこともよくやっていますね。少し難しいことであっても、娘なりにいろいろと考えて答えてくれるので、私の方まで楽しくなってしまいます。

このように、私は娘に、勉強を直接教える事はほとんどしません。けれども勉強を通じ、一緒に楽しもうとしています。そうすることで娘の中で、勉強が”嫌なもの”では無く”楽しいもの”となってくれれば、自分から勉強をするようになると考えているのです。だからいちいち私から勉強を教えなくてもいいようになるのですね。

実際この冬休みにおいて、ワーク形式の問題集とは別に「自学ノートを一冊終わらせる」ということを自分で決めたようで、この休みの期間にコツコツとページを進めていました。私自身、二週間程度でノートを一冊使い切るなんてことは、大学受験の頃くらいしか経験しなかったと思います。そこで、我が娘ながら『すごいなあ』と感心して見守っているところなのです。

こういう興味がいつまで続くか分かりませんが、続いていく限り私からもサポートしていきたいものです。そうすることで、私が感じている勉強の”楽しさ”を、もっと伝えることが出来るでしょうからね。そしてさらにこれは娘だけではありません。塾のお仕事を通じ、生徒たちにもこういうことを伝えたい・・・勉強を教えながらそんなことを日々考えています。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)