入試では許してもらえない

センター試験直前なので、あまりこのタイミングではやりたくなかったのですが、今日は一部の受験生を厳し目に叱りました。

「時間を計って本試験と同じ形式の問題を解き、終わったら解答で自己採点を行い点数化する」・・・この指示を実行出来ないのです。本人に悪気があるわけでは無いのですが、問題が分からないからズルズルと時間をかけ、それでも分からないから長文問題で辞書を引き、最終的に『何点だった?』と聞いても「終わっていないので点数を出していません」と。

繰り返しますが、本人に悪気があるわけではありません。だから”叱らなくてもいい”かもしれません。

ところが、この子たちは受験生です。悪気が無かったら許されるわけでも無いのです。
ここで”許す”というのは、私がやることではありません。入試ではこれが”点数”として現れてくるのです。だから私が甘く許したとしても、きっと入試の結果は許してくれないのですね。

残りの数日が、少しでもこの子たちの役に立つことを期待して、今回は厳しくしました。

自分の勉強のスタイルを変えるのは大変です。今日の中でも「今までも何度か変えようとしたのですが、なかなか変わらなくて」と言っている子もいました。だからそもそも、勉強は”時間がかかる”と思っておかないといけないのです。

こういう意識が薄いので、何となく「解き方が分かれば点数が上がる」みたいなことを思ってしまうのですね。・・・実際、今回叱った受験生は、そのスタンスが抜け切れていませんから。

悪いことは言いません。大学受験を考えるなら、高3から慌てても間に合わないので、出来る限りその前から対策をして下さい。複数の科目が苦手であれば高2でも遅い。英語を基礎からやるのであれば、実は高1からでも遅いかも知れないのです。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)