教育パパ

どうやら長女は、算数や理科の勉強を面白がっているようです。以前、娘にやってあげた理科の実験(空気を温めると体積が増える、程度のものです)のことをいまだに「あれはとても役に立った」と嬉しそうに言ってくれますし、条件を変えたらもっと違う結果になるのでは、なんて予想もしてくれています。

昨日は家内に「川ってなんで出来るの?」と質問したようで・・・なかなか今後が楽しみです(笑)

もしも勉強を楽しいと思ってくれるのであれば、その先にあるもっと楽しいことを教えてあげられます。それは、より難しいことを先取りしたいとか、少しでも将来の受験に有利になるような秘訣であるとか、そういうものではありません。

勉強というものが、とても身近なものに関係しているということ。
今まで知らなかったことを知ることで、同じ世界でも見え方が全く変わること。
空の星、地面の石、身の回りの生き物が、多くの”物語”を内包しているということ。

一つ一つはとても素朴なものなのですが、それらを勉強すればするほど、色鮮やかなものに磨かれていくのです。

幸い私は、専門家と呼べるレベルではありませんが、その楽しさを知っています。だからそれを娘に伝えてあげたいと思いますし、それがきっと娘の人生をより良いものにしてくれると信じています。

そういう意味では、私も「教育パパ」かもしれませんね(笑)

塾の仕事においては、どうしても「受験の結果」が見られてしまいます。だから勉強を通じての”楽しさ”だけを伝えることは出来ません。しかし基本はこのように考えている人間なので、日々の指導の中にもそういうエッセンスが入ってくると思います。

だからこんな人の専門の科目を教わると・・・きっと”楽しい”と思ってもらえると思いますよ!

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)