基本となる英文法

きちんと英語を教え始めてから感じたことなのですが、学校における英語の指導において、基本となる文法(英文法全体を指しているのではありません)の軽視が、大変なレベルになっています。今のままでは英語を使いこなせるかどうか、というレベルではなく、英文法の標準的な学習にまで影響すると感じるのです。

品詞、文型、自動詞と他動詞の区別・・・こういうことが分からないまま、「文法重視では英語は身につかない」とのことで、単語の意味を継ぎ接ぎしながら英語を作っていくのです。確かにそれで習得出来る人もいるのはいるでしょう。けれども全体としてみたら、きちんとした「英語のルール」というものを把握した上で、それを使えるようにした方が効率がいいはずです。

ここで多くの人が誤解していることを1つ。文法の勉強とは「正しいルールを守らないと使えない」ということを前提にしているわけではありません。もちろんそれが入試問題などでは、きちんと正解や不正解があるのですから、きちんと正誤を区別しないといけません。けれども現実には、それほど文法の細かいところに頓着することは少ないはずなのです。

「英語として成り立つには、最低限どのようなルールに従うべきなのか」・・・これくらいから把握し、それにどんどん肉付けをしていくような感覚でいいのではと、今は考えています。

問題なのは、今の生徒たちが”そのルールさえ教えてもらっていない”のに、定期考査や入試問題にぶつかっているということなのです。文法の基本が定着しないまま難しい項目を教えられ、そのテストを乗り越えないといけないのです。だとしたら、数学などと同じように「付け焼き刃の丸暗記」に逃げてしまうのは当然のことでしょう。

英語においても、基本を学びそれを応用していく、という学習の流れは変わらないはずです。だったらもう少し、基礎から積み重ねていく学習内容に見直して欲しいと願っています。

・・・ちなみに。

どうやら近隣の中学校では、五文型も扱っていないようなのですが、これって他の地域でもそうなんでしょうか。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)