フォーカスゼータなる参考書

先日注文していた、次の本が今日到着しました。



以前からチャート式のような、いわゆる”網羅系”と言われる参考書について、私は次の2つが優れていると感じています。


特に後者の「フォーカスゴールド」については、標準~やや難くらいのレベルの問題を幅広く扱っている、赤チャート的なものになっています。しかしそれだけでなく、数学の勉強法や高校数学からの発展内容に至るまで、様々なテーマのコラムが充実しているのです。だから私などからすると、読み物としてもとても重宝しているのです。

けれどもやはり一般の高校生からすると、かなり内容が重たく分量も多すぎるのが難点と言えます。そこで数年前に、これよりも少しレベルを抑えたフォーカスゼータが発刊されると聞き、興味を持っていたのですね。

さて実際にペラペラと中身を見てみると・・・確かに基本から(ともすれば教科傍用問題集レベルもものから)説明されています。また高校生がつまづきやすいポイントをピックアップして、重点的に解説しています。こういう点は高校生にはありがたいところでしょうね。

そして注目すべきは、フォーカスゴールドでもあったコラムの多さです。数学的な背景に触れるだけでなく、予備校等でもよく扱われる発展的な公式なども取り入れ、かなり意欲的な内容になっているように感じますね。特に図形に関するコラムの多さは、他の参考書とは比べることが出来ません。それくらい充実しています。

とは言え個人的には、やや”教科書的”な言い回しが多いのが気になりました。せっかく数学的な背景にまで踏み込んでいるのに、問題の一つ一つは解法や公式で押しているので、何となく「ちょっと気持ち悪いなあ」と感じてしまいます。ただ高校生の立場だったら、もしかしたらこの方が読みやすいのかもしれませんね。

けれどもそれ以上の欠点は、この本がなかなか書店では売られていないことでしょうね。都市圏の大きな書店では販売しているところもあるらしいですが、私の周辺では見かけたことがありません。今回も啓林館の通販で購入しましたからね。フォーカスゴールドほどの刺激では無かったものの、かなりよく出来た参考書だと感じるので、もっと多くの人に見てもらいたいのですが(笑)

最後に。このフォーカスゼータの最も優れている部分であり、多くの参考書の中で唯一無二のものが、最初の方に書いてある「参考書の使い方」という2ページのコラムです。正直これは、今の高校生全員に読んでもらいたい。

・・・この点に関しては、明日改めて書きたいと思います。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)