中3が最後の分岐点

もうすぐ中3生になる、今の中2生の人たちに。

自分の志望校が決まったら、その高校のホームページの中の「進路実績」を見ておきましょう。そうしたら「何となく頭がいい人が行く高校」とか「この高校くらいに進学出来れば御の字」みたいな高校の”実情”が見えてきます。

つまりそこそこの進学校と言われている高校であっても、実はそれほど実績が無い学校も少なくありません。
逆に、底辺校と思われていた高校であっても、ほとんど全ての生徒を就職させるような結果を出している学校も、これまた少なくないのです。

そういう中で、後に大学に進学をしようと考えているのであれば、単純に”進学校”に合格出来るような受験勉強をするだけでは駄目です。中学3年生は「高校に進学をした後の勉強についていくことが出来るかどうかの、最後の分岐点」なのです。

中3生で真剣に勉強を向き合っていないと、例え進学校に入ったとしてもその中での勉強についていくことが出来ません。ついていけなくなったら当然、それが大学受験にも影響します。

だから見てください。「進路実績」の中に、思うように成績が伸びなかった数字もあるはずですから。

自分がその数字の一つになりたくなければ、中3生の時にきちんと勉強することです。どの科目においてもきちんと基礎を確立し、それを運用する思考力を身につけないといけない・・・そうしないと高校の受験がどうにかなったとしても、その先で絶対に苦労するのです。

もしも中1・中2での内容に不安要素があるなら、中3になる前に出来る限り解消出来るようにしましょう。先生に質問してみるのもいい、塾の先生を頼ってみるのもいい、とにかくその一歩が少しでも早いほうが有利に働くのは間違いないことですから。

どうでしょう、周りにいませんか?「中学までは成績が良かったのに、高校に入ったら全然ついていけなくなってしまって」という人が。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)