ある方の受験結果

某私大を受験した芸能人の方が、惜しくも不合格だったそうですね。

個人的に嫌いな人ではないため応援をしたい気持ちもあったのですが、やはり受験指導をやっている一人としては「合格するのもどうかなあ・・・」なんて感じていました。

恐らくこの数ヶ月間は、猛勉強をされたことでしょう。もしかしたら他の受験生よりもハードに勉強をし続けたのかもしれません。でも「頑張ったから合格をする」というものでもありません。この数ヶ月間にどれだけ頑張っても、それまでに積み重ねてきたものが無いとどうにもならないのです。

偏差値が低くても、頑張りさえすれば合格をする・・・多くの人が”美談”として受け入れるでしょうが、実際にはそうならない受験生の方が圧倒的に多いのです。だから私としては予想通りであり、そしてあるべき結果だったと感じます。

もしも今回、合格という結果が出てしまったら。
「・・・頑張りさえすれば合格する」という誤ったメッセージを発信してしまうことになるでしょう。
「合格しなかったということは、頑張っていなかったのか?」という、あらぬ誤解を生むことにもなったでしょう。

だから受験全体を考えたら、これで良かったのだろうと思います。

けれどもこの芸能人の方の立場では、やはり望まない結果と言えるでしょうね。本当に大学生になろうとして、本気で勉強し、たくさんの苦労をしてきたことでしょう。私はそういうことを否定するつもりはありません。

もしも本気であの大学に合格をしたいのであれば、もう1年しっかりと勉強を続けてほしい。テレビ的に絵になる「低い偏差値から数ヶ月で大逆転」みたいなものにせず、自分が目的の大学に行くことを大事にしてほしいと、私は思います。

多くの人にプラスとなる受験勉強が出来れば、それが良い結果に向けてのきっかけを生み出しますからね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)