県立高校の合格発表

今日、県立高校の合格発表がありました。試験を受けた受験生から連絡を受け、今年度も公立高校は全員合格することが出来ました。

一人ひとりが頑張った成果なので、それぞれの合格に価値があることだと感じます。しかしその中でも、以前に紹介した「勉強が苦手だった受験生」が合格出来たのは、私も嬉しいですね。

これまでのブログを読んでいただければ、私が「点数が上がったこと」を喜んでいるのではないことが伝わることでしょう。そういうことではなく、「勉強とはやればきちんと結果が出るもの」ということを、今回の入試でこの生徒が、初めて感じてくれたのが嬉しいのです。

これまでは部活ばかりの中学校生活で、勉強は「やっても分からない」「少しばかりやっても出来るようにならない」ということで、本当に手がつかなかったようなのです。だから勉強全般がつまらなくなり、余計に手をかけなくなってしまったのですね。

入試に向き合い真剣に勉強をしていくことで、多くの「分かった」ことが増えたようです。それが生徒自身も面白く感じ始め、次の勉強に繋がっていったのですね。

多くの人にとって、人生の中で真剣に勉強と向き合う機会は、実はそれほど多くはありません。その数少ない機会の1つが高校入試や大学入試のようなものなのです。だからこの機会を大切にし、それぞれの人生に役立てられるような勉強を経験させたい・・・これが、私が受験指導をやり続けている動機の一つなのですね。

今日連絡をしてくれた生徒たちの笑顔は、これからの指導の糧になってくれます。
来年度もたくさんの笑顔が見たいものですね!

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)