分かるところまでさかのぼる

勉強で分からないところが出てきたら、今まで分かっているところから繋がるかを意識してみて下さい。

例えば数学Iの2次関数の場合分けが分からないのであれば、まずは文字定数のついていない2次関数で最大・最小を求めることが出来るかどうかを確認するのです。そこが分かるのであれば、「文字定数に変われば何が違ってくるのか」を考えていけば、だんだんと納得することが出来るでしょう。またそこが分からないのであれば、さらにさかのぼって2次関数のグラフが描けるかどうかを確認するのです。

こうやって単元を戻っていけば、いつか「ここだったら分かる」というものが出てくるのです。そこから一つ一つ見直していけば、きっと理解が出来るはずなのです。

けれどもこれをやるには、次の2つのことが出来ないといけません。

まず1つ目は、ちゃんと分かっているところまで全部さかのぼるということです。

分からないところからどんどんさかのぼっていくと、高校の勉強をしているのに中学の内容から分からない、という状況もあり得ます(と言うより、とても多いものです)。また場合によっては、小学校の内容から分かってない、なんてこともあり得ます。

「さすがに小学校の内容は分かるよ」とか「今さら中学の内容はやりたくないなあ」とか、そういうことを口にして中途半端なところまでしかさかのぼらなかったら、きっといつまでも理解出来ないままになってしまいます。分からない原因が分かっているのに対処しないのですから、当然だと言えますよね。

きちんと理解をするためには、分からないところを潰していかないといけません。だったら先ほどのような言葉は厳禁です。

そしてもう1つが、とりあえず目の前のところだけをどうにかすればいい、と安易に考えないことです。

定期考査や模擬試験の直前であれば、対策の時間の無さに焦ってしまって「出そうな公式だけ覚えておこう」みたいな発想になりがちです。これで少しでもどうにかなったら、次も同じようなことをやってしまうものです。また身近にどうにかなった人がいたら、自分も真似できないかなあと考えてしまうものです。こういう”甘え”のような考えを持ってしまうから、試験直前まで対策をせず、時間が無くなってから焦るのですね。

一回や二回程度どうにかなったとしても、それが一体何の役に立つことでしょう。そんな小さな成功体験で、より大きな成功を逃してしまうのはあまりにもったいないと、私は考えてしまいます。

目の前のことだけどうにかなればいい・・・こんな考えで成績が伸びた試しはありません。だったらこういう発想は”間違い”なのです。それを持ち続けているうちは、いつまでも分からないところを克服出来ないでしょうね。

私は、勉強の内容を形だけなぞっていくような指導はしたくありません。そうではなく、分からないことを分かるようにしたり、理解に基づいた学力を身につけることを目的にしています。だからついつい、こういう内容になってしまうんですよね。

自分が苦手なところ、分からないことから目を背けず、それらを克服することを応援します。だからぜひ、皆さん頑張って下さいね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)