計算の力をつける

当たり前のことだと思われるかも知れませんが、計算が苦手な生徒は数学が苦手なものです。と言うのも、数学が苦手なのだから計算練習が少なくなり、計算練習をしないから出来るようにならないことが多いのですね。

ところが、では数学が苦手であることを克服するために、きちんと計算練習をするのかと言うとそれは後回しになることが多いのです。どうも生徒たちからすると、そういう計算部分よりも、まずはそれぞれの問題の”解き方”に目が行ってしまうようなのですね。

しかしそういう子たちは、どのような解き方を見ても、その後の計算に見当がつかないから最後まで解けないのです。そして解けなかったから「自分はまだ解き方が分かっていないんだ」と感じ、やはりそこから目が離れなくなってしまうのですね。

中学校の数学であれば、どの学年の数学も最初は計算の分野を学習します。もしも数学が苦手になりたくないのであれば、この分野は特に徹底的に練習をして下さい。まずはどの問題でも正確に計算できるようにして、その後はその計算の早さを上げていくように訓練するのです。それだけで中学内容の数学は、劇的に理解が早まりますからね。

また高校の数学であれば、特に高校1年生がこれからやっていく「式の整理・展開・因数分解」などがこれに該当します。ここを徹底的に理解することが、高校数学を理解していくための必要条件とも言えるのです。

ただ中学の計算問題と違って、高校数学ではある程度「見通しよく計算する」という技術が必要となります。それを身につけるためには、まずはいろいろな方法を経験し、ちゃんと分かっている指導者から改善点を指摘してもらい、様々な方法を試してみる・・・みたいに、かなり地道な勉強となるのです。だから十分な練習をこなす高校生はかなり少なくなってしまうのですね。

目安として、教科書や傍用問題集にある展開や因数分解の問題は、全て”解ける”状態にしましょう。最初は多少時間がかかっても仕方ありません。が、時間があれば全て解けるようにしておかないといけません。それから徐々に、その時間を短縮出来るように訓練するのです。

なお言うまでもありませんが、計算練習を進めていけば自然と計算ミスが減少します。・・・これは自明なことだと思うのですが、「自分は計算ミスが多いので・・・」なんて言ってはいるものの、いつまでも計算練習をしないような生徒も少なくありません。なぜかそういうことよりも「これをやれば計算ミスが無くなります!」みたいな方法を期待しているのですね(笑)

数学で計算が出来ないのは、スポーツで基礎体力が弱いのと同じことです(← 関係ありませんが”クジラ構文”が見えます)
少しずつでもいいので、しっかりと力がつくまで訓練を続けてみて下さいね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)