前職と今のお仕事

私は今の塾の仕事をする前、中学や高校で不登校・中退をしてしまった子供たちに、高卒認定試験(以前は大検)や通信制高校などの制度を使い高校卒業の学歴(資格)を身につけさせ、その後の進路決定まで指導をする、という学校にいました。一般的にはあまり表には出ないそういう教育の現場において、「自分たちがいないとこの生徒たちが社会に復帰出来なくなる」という思いを持って仕事をしていました。これはとてもやり甲斐のあるものでしたね。

ところがそこで出会う数多くの生徒のうち、どうしても「どうにもならなかった」という子が出てきてしまいます。学校に来なくなってしまう、試験に対する自信を失って逃げてしまう、反社会的な行動でトラブルを起こしてしまう・・・など、いろいろなケースがありました。そういう子たちを何人も見ていると、「やはり不登校や中退の前にどうにかすべきではないのか」と考えるようになり、今の仕事に至るわけです。

だからうちは「合格を売る」わけでは無いのです。合格のためにはどんなことでもやる、というスタンスではなく、その子にとっての最善の勉強を提供出来るように考えているのです。例えば「よく出る問題の解法パターンを丸暗記させる」みたいなことは、確かに短期的には効果があるかもしれませんが、長期的に見たら失ってしまうことの方が大きくなってしまいます。だからいつも、そういう考えを否定しているのですね。

その上で私は、生徒たちにいつも「学校を楽しみなさい」と言っています。勉強でもいい、友達との付き合いでもいい、部活動でもいい・・・どういうものであっても、何かしら楽しむことが出来れば不登校や中退の可能性は少なくなってくれますから。

私はそれなりに、本格的な指導をすることが出来ると自負しています。しかしそれを使って、勉強に特化した人間を作りたいわけではありません。真っ当に勉強し、自らの力で社会に出ていくレールを進み続けられるよう、ここで後押しをしていきたいのですね。そして万が一そのレールから外れるようなことがあっても、私には以前の仕事の経験があるので、復帰の方法も一緒に考えることが出来るはずですから。

・・・と、こういう内容を書くと「大げさだなあ」と感じられるかもしれません。けれども私が出会った前職の生徒たちは、ごく普通の子が大半だったのです。だからこのような大きな選択を迫られる状況は、どこにでも誰にでも起こり得るものなんですよ。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)