学校英語教育の行く末

大学入試に民間の資格試験が利用される・・・その先に待っているのがこういうことです。

英会話学校が出前授業 大学入試改革控え需要

このことを、高校の英語科の先生はどのように受け止めているのでしょう。純粋に疑問に感じているので、ぜひご意見を伺いたいものです。
そしてこのことを、中学の英語科の先生はどのように受け止めているのでしょう。「高校の英語だから、自分たちには関係ない」みたいな感じなのでしょうか。
けれども小学校でも英語が科目として扱われるのですから、この流れが進んだら高校以外にも影響が出ることは容易に想像出来ます。

「高校までに学んだ内容」で勝負するのが大学入試のはずです。ところがその中に、民間の資格試験が入るのですから「学校では学ばないこと」も含まれてしまう可能性があります。だからそういう部分を意識した団体が参入することも考えられるのですね。その動きが実際に、上の記事のように”存在している”のです。

あれ?・・・でもこれ、学校の”授業”ですよね?

民間の英会話教室の市場開拓が、正規の学校教育にも手を伸ばしているのです。私にはこの中に、生徒のためを願うような”教育的理念”は感じませんね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)