長女と遊んだこと

今日は連休の最終日だったので、久しぶりに長女と遊びました。ここ数日の連休はどうしても下の子どもたちが優先され、上の娘は私と二人で遊ぶことをずっと我慢していました。そこで今日は「お昼まではきちんと遊ぶ」と決めて、娘が楽しみにしていたことをやってあげたのです。

それが・・・某RPGのラスボスを倒すこと(笑)

私は全く遊んだことのないゲームなのですが、娘にとってはその世界観やストーリーがとても気に入ったようで、ずっとコツコツと進めてきたものだったのです。けれども、これまでもストーリー上のボスキャラとの戦闘は苦労していたようなのですが、ラスボスがどうしても倒せない、と。そこで先日、娘に目の前で戦闘をしてもらって、また作戦やアイテムなどを一緒に見なおして、「次はこれでリベンジしようね!」と約束していたのです。

まあ、こういう前置きがあるので、今日は娘も本当に楽しそうにしていました。最初は私が作戦を考えそれを娘にやってもらったのですが、いいところまではいくのですがあと一歩がどうしても出来ない。そこで今度は私がやってみたのですが、それでも状況は変わらないのです。そこで今度は娘からの提案にしたがって作戦を微調整し、再挑戦を何度か繰り返した結果、とうとう撃破することが出来たのですね。

最終的には私が倒したことにはなるのですが、娘としてはこれまでのいろいろな苦労が実ったので、その後のエンディングを食い入るように見ていました。

・・・

何度か書いていますが、私は昔からゲームが好きでした。だから”勉強”から見て、ゲームが悪いもの扱いをされることに、いつも複雑な思いを持っていました。確かにゲームをやっている時間は勉強をしないので、勉強にとってゲームはいいものでは無いでしょう。しかしストーリーをしっかりと理解し、ゲームの進行に合わせて戦略を考え、いろいろと工夫の末にそれを乗り越えていく経験は、他からはなかなか得られないものではないかと私は思ってしまいます。

そして何より、このゲームをコツコツと進めている間、娘は学校から帰ってくるなり「先に終わらせないといけないことをやっておく」と、すぐに宿題やピアノの練習を仕上げていました。おそらく娘は、ゲームばかりやっていた子供の頃の私よりもしっかりしています(笑)

ゲームに関するこういう点を、もっと広く認めてもらえたらいいのになあ、なんて思ってしまいます。現実は学校から「テレビ・ゲーム・スマホの時間を減らそう」とばかり言われてしまいますからね。・・・いや確かに、それも正しいことなので反論したいわけではないのですが。

なんかこう、察して下さい(笑)

・・・

ちなみに娘は以前から、「このゲームはとても面白いから、ラスボスを倒したらお父さんにもやってほしい」と言っていました。ゲーム本編にほとんど触れていないのにラスボスだけ倒したお父さんは、果たしてどうしてあげるべきなのでしょうね!

※ちなみに午後からは、家族で「なかつ子育ていきいきプレイルーム(→ 子供たちを見ていて)」にお出かけをしました!下の子どもたちも全力で楽しんでいましたよ!

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)