生徒のノートのとり方を見て

先日、授業のノートのとり方について、ある生徒をとてもほめてあげました。そのノートは、特に色分けされているわけでも、きちんと整理されているわけでもありません。だからノート自体を見ても「何がほめられるのか」が分かりにくいと思います。

実はそのノートがポイントなのではなく、そのノートの書き方なのです。その子は私が解説した問題の板書を、解法のとっかかりの部分は参照したものの、その後の計算部分を自分の力でやっていたのです。そうしてその結果が正しいかどうかを、私の書いた内容で確認していたのですね。

勉強している内容がよく分からないまま授業を受けている生徒は、こういうことがなかなか出来ません。自分で手がつかないから、私が書いたものを最初から最後まで”写す”ことしか出来ないのです。

学習している内容に対して、どこまでは自分では難しい内容で、どこからは今の自分でも出来るものなのか・・・そういう意識で解説を聞いているので、ノート一つとってもこういう違いが生まれるのですね。

思えばこの子は、入塾した時には勉強にとても大きな不安を抱えていた生徒でした。中1から少しずつステップアップして、中3の今はこのようなことを自分から出来るようになったのです。これはとても大きな進歩と言えますよね。

そしてこういう進歩こそが、志望校合格の大きな原動力になってくれます。これからも頑張ってほしいものですね!

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)