自分の頭で考え、自分の力で解く

私は指導において「自分の力で問題を解けるようになる」ことを目指しています。だから自然と”入試問題”が前提となり、「どういう問題が出てきても自分で考えてアプローチ出来る」のが、私が望む姿と言えるのです。

ところが今は、試験に対する情報も多く、これまでの問題もたくさん蓄積されているので、どうしても「出題されやすいパターン」なるものが出てきます。だからそれに特化した「解法テクニックの暗記」という勉強が広まってしまうのですね。

もちろん私も、そういう問題を重視はしています。しかしそればかりをパターン化していっても、少し形式が変わっただけでどうにも手が出せなくなってしまうものです。これだけ世間で「基本問題は解けるのに、応用問題になると全く分からない」という悩みが多いのに、いまだに「パターン暗記の勉強は効率が悪い」という意見には繋がらないのです。・・・何だか不思議ですよね。

最近はどうも、中学校や高校でもこういう「解法テクニックの暗記」という指導をしているのが目立ちます。生徒のノートを見てみても、理解すべき内容についての記述が少なく、大半が問題を効率よく解くための説明が並んでいるのです。だから生徒は中身の理解が不十分のまま、その解法を覚えようとすることになるのですね。

おそらく昔は、塾がそういうことをやってきたのだろうと思います。けれども私は、そのやり方は間違っていたのだと考えています。
だから今の「解法テクニックの暗記」は、塾であれ学校であれ、やるべきではないと考えているのです。

自分の頭で考え、自分の力で解く。・・・この”当たり前”のことを、私の指導では目指しています。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)