英語の指導に関して思うこと・・・

今日は英語に関する個人的な感想を。

英語が得意になりたければ、きちんと文法を掴んでいきましょう。英文法は、中学生なら中学生なりの、高校生なら高校生なりのアプローチがあると思います。それをしっかりとやらずに、「なんとなく意味が分かるからいいや」みたいな感覚で勉強を続けていくと、いつか破綻してしまいます。

英語についていろいろな人と話をしていると、よく出てくるのが「英文法をやっても英語の力は身につかない」「学校で勉強する英語は、文法ばかりだから役に立たない」という言葉。しかし、ではどうやれば英語が分かるようになるのか、という流れになると「英語は単語を覚えていたらどうにかなる」と、割とアバウトになる(笑)

普段私が感じている感覚で言うと、今の学校の英語は『あまりに文法を扱わなすぎ』です。中学校の英語は品詞や文型から組み立てるようなことはほとんど無く、せいぜい「進行形」とか「不定詞」とか、そういう文法項目を整理する程度(のように見えます)。また高校の英語は、そもそも文法の勉強が「入試などの文法問題を解くための勉強」に成り下がっている(ように見えます)。

(断定した書き方になっていますが、そうでない学校もあるとは思います。)

こういう現状を「学校で勉強する英語は文法ばかり」というのは、いささか筋違いと感じてしまいますし、併せてこれくらいの内容で文法を扱ったことにされても、それは役に立たんでしょう!という印象しか持てません。

だから私は、英語の指導について「きちんと文法を教えよう」と考えています。そして生徒たちにも、そういう思いになってもらいたい。その上で、きちんと英文を聞かせて意味が掴めるようにしようと思っていますし、きちんと英文を声に出させて表現出来るようにしようと思っているのです。

最近は英語の四技能というやつで、とかくリスニングやスピーキングが話題に挙がります。しかし英語自体のルールも分からないまま、ただ聞かせたり、ただ言わせたりして、一体どれほど身になると言うのでしょう。まずはある程度のルールを身につけさせ、それに基づいてそれぞれのスキルを伸ばしたほうがきっと役立つものになるはずです。

よく使うたとえ話なのですが、今の子供たちの学んでいる英語は「操作方法も目的も全く分からないゲームを、説明書も読ませずに『やっていれば分かるから!やっていれば出来るようになるから!』と、無理やりやらせている状態」です。これはどこかで見直さないといけないんじゃないでしょうかね。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)