本当にありがとう。

本日突然の来客があり、大変残念な連絡を受けました。
この内容をこのブログに記すことが適切なのかどうか、
・・・残念ながら今の私には判断できません。

でも、ぜひ知っていただきたいことなので、たとえ不適切であっても
書かせていただきたいと思います。

「竹畠明聡(たけはたあきとし)」という車椅子テニスの名プレーヤーがいました。

彼はもともと運動が好きで、かなり真剣にスポーツに取り組んでいたそうです。
しかし高校生のとき骨肉腫を患い「5年生存率20%」と宣告されました。
一時はあまりのショックで自暴自棄になったこともあったらしいのですが、
そのときに車椅子テニスと出会い、そこでがんばる人から希望をもらい
闘病と並行してテニスをしていたのです。

その彼が、昨年10月に亡くなったとの知らせでした。

私が彼と知り合ったのは、前職の予備校にて。
闘病のためにやむなく高校を中退したが、車椅子テニスの目標である選手のいる
大学へ進学をしたいので、高卒認定試験を受験したい・・・との相談でした。
本来ならば予備校への通学を勧めるべき立場だったのですが、彼と彼のお母さんには
「学校には通わないでください。学校で勉強するよりも生きる力になるテニスの
ために時間を使ってください」・・・と、最小限の通信学習コースを提示したのです。

その年の8月の高卒認定試験の直前。
東京に出張をしていた私に、校舎から一つの連絡が。
「竹畠くんの病気が肺に転移しているのが見つかった。そのため高卒認定試験を
受けることができなくなった」とのことでした。

しかし竹畠くんは強かった。病状を何とか落ち着かせて、
本試験の時間だけ病院から外出できるまでになったのです。
私がはっきりと覚えているのは、8月高卒認定試験の会場であった九州大学の入口。
竹畠くんが試験を受けられることを聞いた私は、その入口でずっと彼のことを
気にしながら、会場での仕事をしていたのです。

そして試験開始のほんの数分前、病院から直行してきたタクシーから竹畠くんの
姿を見つけたのです。
急いで試験場に誘導した後、私は涙をこらえることができませんでした。
もちろん、彼は全科目を合格しました。

その後はさほど連絡を取っていたわけではないのですが、
また別のところから彼のことを耳にしたのです。
それは前職の職場によく訪問していただいていた城野自動車学校の先生。
竹畠くんは足が不自由な状態にもかかわらず、身障者用の自動車の免許を
取得するために、その自動車学校に通っているとのことでした。

その自動車学校の先生も、かなり竹畠くんに対して親身になって指導を
して下さったそうです。実際、車椅子テニスの大会にも応援に行かれたとか。

そして、今日訪問して下さったのもその先生でした。
自動車学校に通った後もご両親とは連絡をされていたようで、
訃報を聞いたときに、お母様から私の名前が出たそうです。
そこで「このことをぜひ私に伝えたい」との思いで、わざわざ豊前まで
足を運んで下さったのです。

改めて。

竹畠くんは、初めて会ったときの印象は「人間の良さがこちらまで伝わってくる」
というものでした。
松葉杖をついていましたが、とても礼儀正しく、正直で、真っ直ぐな心が、
重病を抱えていることを忘れさせるくらい、光っていたことをはっきりと覚えています。
車椅子テニスでも好成績を収め、その方面ではかなり期待されていた選手だったそうです。

これほどがんばっている生徒がいる・・・ということで、地元のラジオ局が取材に
来たこともありました。そのときも元気に、そして前向きに話をしていた声が思い出されます。

私にとって、竹畠くんの顔・声・言葉はしっかりと覚えています。
その中には、病気と闘っているときの苦しさは微塵も感じさせないものでした。
だから、私は大したことは言えません。でも、彼の姿は私にとって貴重な財産です。

竹畠くん、君と出会えて本当によかった。ありがとう。

私のことを今でも覚えてくださったご両親へ。本当にありがとうございます。

貴重な時間を割いて、豊前まで足を運んで下さった城野自動車学校の先生。本当にありがとうございます。

ぜひ一度、彼のことを知るために「竹畠明聡」で検索してください。
彼がどれだけの人望を持っていたのか、すぐに分かると思います。

22歳という本当に短すぎる命でしたが、その分たくさんのいい人に出会えたそうです。
でもきっと、それは竹畠くんがすばらしい人間だった証拠でしょう。
きっと今は、病気に苦しむことなく、コートで汗を流していると思います。

お知らせでもなんでもないブログになりましたが、今日はご了承ください。

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)