物理の不得意と化学の苦手

昨日、とある生徒から生物に関する質問を受けました。
生物に関しては、おおまかな全体像を前職で勉強していたものの、
普段は全く扱っていない科目であるため、細かい部分をチェックし直しています。

さてそんな勉強をしていてふと思ったことを。
今まで理科系の科目は物理・化学をメインに教えていました。
そうすると感じるのが「化学を苦手だと思う生徒がかなり多い」ということ。

確かに化学は、時に物理以上に複雑な計算をすることもあります。
また暗記しないといけない内容も多々あるのです。
すると、生徒が嫌がる要素がかなり多い科目なんですよね。

しかしそれだけではなく、もう一つの印象と対になっています。
それが「物理を得意だと思う生徒が少ない」ということ。
この2つの印象を重ねると、非常に興味深いですよね。

両方ともをまとめると、物理も化学も苦手とする生徒が多い・・・となりそうですが、
そうなると「物理理系」は壊滅します(笑)
しかし生粋の理系と言えば、やはり生物理系よりも物理理系の方が印象が強いですね。

つまり物理は「それ自体に興味を持ったり、自信を持って問題を解いたりすること」が難しい。
化学は「中身は少し理解できるものの、解けない範囲が苦手意識につながること」が多いと、
私なりには考えています。
※あくまで個人的な印象ということで。

となると、生徒にとっての勉強の仕方が物理と化学で変わってきます。
それに伴って、物理と化学において、授業の進め方も変わってくるのです。
こういう事は、両方を授業を行なってみないと教える側も感じ取りにくい内容だと思います。

私は物理を教える時に、とにかく復習を大切にします。
一般的な物理で最初に学ぶ、力学やエネルギーに関する内容を、
その後の分野全てで活用するからです。
どこか分からない分野を放置してしまうと、後々まで悪影響を及ぼしてしまうことが多いのです。
だから高校生に対して、とにかくマメに過去の疑問点を潰していく勉強をお薦めしています。

また化学を教える時には、とにかく難しい用語を簡単な言葉に置き換えることを重視します。
それにより、一つ一つの分野をできる限り「感覚的に」理解できるように心がけています。
時に感覚的な理解だけでなく、厳密な定義が必要になることもありますが、
他の理科系科目に比べたら感覚的な理解のメリットが大きいと感じるのです。
だから高校生に対して、教科書に書いてある内容を「自分の言葉」で表現できるかどうか・・・
ということを目標に勉強することをお薦めします。

このような勉強の方針を立てると、物理に関しては「一度解けるようになった問題を得意分野にできる」。
化学に関しては「苦手と感じる分野を少しでも減らすことができる」。
同じ受験勉強でも、これだけ目標が変わってくるんですね。

以上の内容は、完全に私の印象に依るものです。
だから全国の理科系を指導している先生からは、「そんなことは無い!」と思われることかもしれません。
しかし今まで、それなりの人数を指導してきた経験から得られた感覚なので、
共感してもらえる先生も少なからずいらっしゃると思います。

今日の内容は、物理・化学を勉強していて「なぜか受験勉強が結果に結びつかない」という
生徒たちのことを思い出したので書かせてもらいました。
全国にも同様の受験生や高校生は多いと思います。
そこで何かしらの具体的な勉強方針のヒントになれば、非常に嬉しく思います。

異論があった時にまで無理にこの考えを押し付けるつもりはありませんので、
もしもヒントになるようならば、参考にしてみて下さいね!

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)