うちでは当分縁のないお話

今日から11月!だんだんと入試まで日にちが少なくなってきましたね!
さて今日11月1日より、全国の大学にて推薦入試の募集が始まります。
(ただし細かい日程は各大学で異なりますので、受験する大学の日程は十分に確認して下さいね!)
とうとう、本格的に大学受験がスタートしてしまうのです。

さて今回のタイトル。うちの塾で縁がないというのは、大学入試のことではありません(笑)
先ほど書いた「推薦入試」の方です。

こちらを読んでいる方の中には、「個人塾で大学の推薦入試なんて、関係が出てくるわけがない」と
思われている人もいるでしょうね。
しかし随分前から、大学入試のパターンの一つに「自己推薦入試」というものができています。
これを元にすると、高校からの推薦を受けるのではなく、自己アピールによる推薦入試を受けられるのです。

そうなると、うちのような個人塾であっても、やろうと思えば自己推薦入試を活用することができます。
つまり一般入試での合格が厳しい生徒に対して、積極的に推薦入試を薦め、
その推薦入試の対策を行うことで合格を目指すのです。
こうすると、塾の指導実績として「合格率」を高めることができるのですね。

このような方法は、民間教育の場ではごく当たり前に行われています。
だって、進学実績が良いことが一番の売り文句になりますからね。
他にもこういう業界では、「そんなことアリなの?」と思うようなことがたくさんあるんですよ。

しかし私は、2つの理由でこのような推薦入試の活用は行いません。
まず一つは、本来の自己推薦入試の目的を逸脱しているからです。
一般入試のような学力だけで学生を判断するのではなく、学生の持っている長所・学生の学習意欲などを
判断する・・・これが大学側としての目的のはずです。
ならば本当に受験生が、その大学に進学したいという意欲があり、また推薦に値する長所があるのなら、
私は堂々と推薦入試を活用すると思います。

しかし塾の合格実績を作るために生徒を説得するなど、私にはできません。
百歩譲って、塾のためでは無いという場合でも、やはり大学側の趣旨に反した受験をさせたくはありません。

もう一つは、塾の本来の目的から逸脱しているからです。
塾では勉強を教えます。その勉強がどうにもならないから、自己推薦入試に頼るというのは、
自分の仕事を否定することにもつながってしまいます。
希望の大学に進学をしたいなら、その大学に見合った学力をつけさせたい。
その思いで、日々授業を行なっています。

私は、高校受験も大学受験も、一般入試が最もスタンダードであり、
かつ最も優先すべき入試方法だと考えています。
そのため、推薦入試が適していると判断できる生徒にしか、推薦入試の指導を行うつもりはありません。

このように考えているから、「推薦入試」はまだ当分縁がないと思っているのです。
まだまだ塾をやり始めて一年半弱。
合格実績も欲しいところですが、それ以上に「指導実績」を私は求めています。
ちゃんとした指導により、生徒が合格レベルまで学力を身につける・・・そんな塾として
当たり前のことができるまで、地道に頑張っていこうと思います。

最後に誤解が無いように。
推薦入試は、現代の教育の流れから必要不可欠なものだと思います。
だから推薦入試自体を否定したり、また推薦入試で合格をした生徒を否定するつもりは毛頭ありません。
私が言いたいのは、必要としている人や適している人が利用すれば良い・・・ということだけです。

では全国の受験生の皆さん。今年の受験が本格的にスタートしました。
ぜひ最後の最後まで努力を続け、悔いのないように頑張り続けましょうね!

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)