センター試験と個別試験の配分について

もはや受験生にとっては当たり前すぎるお話なので、
これから受験を目指す高1、高2生のために基本的なお話を書こうと思います。
ただし受験生の中でも、未だ確認ができていない人がいるならば、
ぜひこの機会に確認をするようにしましょうね!

さて今回話題にしたいのは、特に国公立大学への受験について。
ほとんどの方が知っているように、国公立大学では「センター試験の結果」と「個別試験(二次試験)の結果」を
総合することで合否が決定します。
ここで大学や学部・学科によって、この「センター試験の結果」と「個別試験の結果」との、
点数配分が異なっているのです。

今まで受験生が受けてきたマーク式の模擬試験は、

国語:200点、数学IA:100点、数学IIB:100点、英語:200点(リスニング50点)、地歴公民科目:各100点、理科科目:各100点

という配点が課されていて、その中から科目を選択し合計を出していたと思います。

しかし実際のセンター試験では、「文系ならば国語や地歴公民を2倍の配点にする」や
「理系ならば数学・理科を2倍の配点にする」という、点数の変換をします。
これがセンター試験における傾斜配点と呼ばれるものです。
このため、センター試験の素点での満点が950点(国語・数学×2・英語(+リスニング)・地歴公民と理科から合計3科目)で
あったとしても、大学側では1300点満点などと拡大したり、400点満点などと圧縮したりするのです。

ここでこの、拡大するのか圧縮するのかが非常に大切なポイント。
仮に個別試験を200点満点としましょう。
すると「センター試験1300点満点」に対する「個別試験200点満点」と、
「センター試験400点満点」に対する「個別試験200点満点」とでは、
センター試験や個別試験の重要度が大きく変わってくるのです。

もしも個別試験の割合が小さい(≒センター試験の満点を拡大している)ときは、
センター試験の結果を二次で逆転することは非常に難しいと言うことができます。
また個別試験の割合が大きい(≒センター試験の満点を圧縮している)ときは、
センター試験で思うように伸びなくても、二次で逆転する可能性は高くなるのです。

また一部の大学では、センター試験を足切りにしか使わないこともあります。
そうなると二次で逆転どころか、個別試験の結果のみで合否が決定することになるのですね。

そこでこれから大学受験を目指す人は、自分の進みたい大学の学部や学科が決まった時には、
必ず「傾斜配点」と「二次配分」の二点は確認するようにしましょう。
これが「センター試験と個別試験のどちらに力を入れるべきなのか」という、勉強の方針を決定する
非常に重要な要素となるのです。

先日ブログにて、この時期はセンター試験に集中しましょう!・・・という旨の記事を書きました。
全国の大学を見てみると、概ね、難関大学と言われる大学ほどこの個別配分の割合が高い傾向にあります。
つまりこの配分を意識して、本当にセンターを意識しないといけない受験生はセンターに、
そして個別配分が高い大学ならば、それを見越した対策を・・・という結論になるのですね。
こういったことは、それぞれの受験生の目標によって変わってくるものなので、
残念ながら一方的な意見を押し付けることはできません。

ただし、受験生は勉強の手は休めないように心がけましょうね。
どうしても勉強がキツい時には、休むことも大事。
しかし今の時期は、休んでいる時間すら、自分にプレッシャーを与えるものとなってしまいます。
勉強を続けていたほうが、逆に気持ちが落ち着きますよ!

ということで、これからもいろいろな情報を発信していきたいと思います!

当ブログは、 にほんブログ村受験塾・進学塾豊前情報のランキング、
BLOG RANKING高校受験大学受験塾教育のブログランキングに参加しています。
クリックして応援して頂けると励みになります。もしよろしかったらお願いします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)